投稿日:

2021年11月20日

売れている素材を参考にしよう!【制作編】



売れている素材には共通点があります。

今回はその基本となる制作編を紹介します。


■どんなデータがいい?

キャラクター、アイテム、アイコン素材などは「背景透過のpng」データがオススメです。

これらは通常、背景と組み合わせて使用されます。


どんなに素敵なイラストも不必要な背景があると使用できるシーンが限られてしまうため避けられる傾向にあります。



逆に透過がない背景素材や一枚絵、挿絵などの場合は、pngにする必要がないので「これは透過画像ではない」という意味も含めてjpgをオススメしています。


まずは「使いやすい」「組み合わせ」を心掛けて制作しましょう。


■「素材」を魅力的な「商品」にしよう

せっかく作った素材をそのまま画像として販売するのではなく、「商品」としてより魅力的になるように「差分」や「編集可能なデータ」などを付けてみましょう。


「差分」とはメインとなるイラストのバリエーション(部分、表情、色、サイズ)のことです。

制作に少しの手間はかかりますが、ただの「モンスター」ではなく「モンスター10色セット」「モンスター進化セット」のような+αを付けることで、商品価値が高まり需要が増えること間違いなしです。



「編集可能なデータ」とはpsd(フォトショップデータ)などのことで、一部の色を変えたい、加工したい人向けになります。

シンプルなアイコンであればepsやsvgデータもオススメです。


これら編集可能なデータを販売する場合は、目的(色替えなど)が達成しやすいようにレイヤー分けやレイヤーの名前を設定しておきましょう。

また、編集ソフトがない人のためにも、すぐに使える画像データもセットにしておくと安心です。


■画像サイズは重要?

画像は大きく鮮明に越したことありませんが、注意するのは用途に対して小さい(小さすぎる)素材です。

アイコンなら~1,000ピクセルでも十分ですが、背景となると1,000ピクセルでは小さく、やはり2,000ピクセル以上が理想です。


場合によってはカードゲームやボードゲームなどのアナログゲーム(印刷物)も想定し、A4サイズ以上で制作しておくと、それも一つの「売り」になるかもしれません。


■シリーズで展開した方がいい?

売れているクリエイターは「モンスターシリーズ」「アイテムシリーズ」など、いくつかのシリーズで展開しています。

どんなに素晴らしい素材でも1点だけだと売れにくく、シリーズにすることで組み合わせて売れることがあります。


まずは得意なイラストを数点シリーズで出品し、様子を見ましょう。

もし1点も売れない場合は別のシリーズでまた数点出品してみましょう。


いかがでしたか?

次回は「売れている素材を参考にしよう!【販売編】」を紹介します!

 

素材を販売をしよう!

今なら出品するだけで最大500円貰えるキャンペーン実施中です!